タイピングを習ったきっかけについて

私は中学二年生の頃にPCでオンラインゲームを始めました。
中学の頃は授業でしかPCを触ったことがなかったのでタイピングスピードが遅くて、他のプレイヤーとの会話に全く参加できませんでした。
指一本でキーボードを見ながら打っていたので、私が入力しているあいだに会話がどんどん進んでしまい参加できずに何度も引退する事を考えていました。
ですが、楽しくて引退等は絶対したくないと思っていたので、私は悔しくて自己流でタイピング練習をしましたが、なかなか成果が出なくて困っていました。
それを見た親が「これからの社会タイピング位できないと」といってタイピング教室に通わせてくれました。
家の近くにあるタイピング教室に通い3ヶ月でブラインドタッチを覚えると、今までタイピングが遅くて会話に参加できなかった私が急に早くなってちゃんと会話に参加できていたので皆驚いていました。
それからはオンラインゲームがより楽しくなり、休みの日は一日中ログインして楽しんでいました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ