好感度の低い声高い声

喉を開いて本来より少し高めの声で話す人は好感度が高い。
逆に喉を締めて潰したような声、言ってみればヒキガエルのような声で話す人は人に不快感を与え好感度が低くなる。
例えば女性でいうと室井佑月などが好感度が低くなる発声にあたる。
何となく分かるだろうか。
もちろん良い発声方法はわかりやすくアナウンサーだ。
男性も女性もアナウンサーがその発声法を身につけていると言っていい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ